地域とか、政策とか

地域産業、中小企業政策の成果・効果について、もやもやと考えながら綴るブログ(当面は主に論文紹介)。

終わりの始まり:アウトカムは分野横断的な研究を推進するフレームワークを提供する

Cynthia Mitchell, Dana Cordell, Dena Fam (2014)

「終わりの始まり:アウトカムは分野横断的な研究を推進するフレームワークを提供する」

  

(概要)

  • 学問的なアウトカム領域において重要な3つの範囲、すなわち「状況」「知識」「学習」は区別され、精緻化されている。

①状況あるいは研究のフィールドにおける改善

②学問的な知識やその他の社会的な知識を含む、関連する知識のストックやフローの創出とその洞察を、研究者、参加者、受益者等にとってアクセス可能で意味あるものにする集合。

③研究者や参加者による継続的な変化の可能性を高めるための相互学習と変形学習

 

(詳細はこちら)

Beginning at the end: The outcome spaces framework to guide purposive transdisciplinary research